2017 02/10
参考書ペディア 

時代と流れで覚える!世界史B用語のトリセツと勉強法

世界史のオススメ参考書:『時代と流れで覚える!世界史B用語:相田知史・小林勇祐共著:文英堂』

目次

(1)独学可能度★★★★★

インプット・アウトプット両立型
左ページには図表などの各種資料,右ページには歴史の流れをまとまった文章での説明とその穴埋め問題で構成されています。ほぼ全ページにわたってこの一定のリズムで表記されてあることや,扱っている内容の難易度も基本的なものが多いこと,また分量も比較的抑えめであることなどから,短期間での独学でも世界史学習を進めやすいと思います。

(2)相性の良い参考書は『世界史B講義の実況中継:青木裕司著:語学春秋社』

レベル★★~★★★★
オススメ度★★★★
偏差値50~60
『時代と流れで~…』では,右ページに歴史の流れを簡単に文章で説明した部分がありますが,入試で高得点を狙うためにはもう少し掘り下げたいという部分が少なくありません。『時代と流れで~…』は分量を抑えた反面,歴史の流れの説明が簡潔になりがちなのでそこを補強するには『青木の実況中継』やその他『ナビゲーター世界史B:鈴木敏彦著:山川出版社』,『荒巻の新世界史の見取り図:荒巻豊志著:東進ブックス』などの文章説明型参考書がオススメです。これらの参考書は逆に流れを重視している一方で知識整理や用語暗記に不向きという欠点はありますので,『時代と流れで~…』と併用すればお互いに欠点を補えます。相性としては非常に良いものだと言えるでしょう。

(3)参考書,問題集の特徴

基本的には受験に必要な歴史用語の確実なインプットを目指した一冊です。見開きの左ページは単元の内容をまとめた表や関連する地図・写真などを使った知識整理のためのページで,右ページは歴史の流れを簡潔な文章でまとめたページになっています。主に表や文章の空欄補充を進めながら重要用語を覚えられるように工夫されており,また,情報ができる限り凝縮され分量が少なめなので短期間で対策がしやすい教材です。
使い方…赤字になっている重要用語は必ず暗記しましょう。また,左ページに掲載されている地図などの各種資料ももれなくチェックします。世界史では人物名や出来事などの語句だけではなく,それがいつの時代のどこの国の人物か,どこで起こった出来事なのか,など時代と場所をセットにした「まとまりのある理解」が重要です。本書はそのことを一つ念頭に置いて書かれてあるのではないかと思います。しかも,それをいかに簡潔に分かりやすく表すかという点にもこだわりを感じる一冊です。
さて,左ページで「まとまりのある理解」が深まってきたら,次に右ページの空欄補充を行います。この時にはリード文を必ず熟読してその範囲の歴史の一連の流れを掴みましょう。その過程でイメージがわきにくい部分が出てきたら,(2)で紹介したような分量の多い文章説明型の参考書を利用してそこの部分だけ内容を膨らませて勉強するといったやり方も大変効果的です。やはり基本的には本書だけでは特に二次試験対策まで考慮するとやや情報量が不足しがちです。(2)の参考書や用語を詳しく確認したい時のために用語集を手元に用意しておくことをオススメします。また,アウトプット面を強化するために,(4)で挙げる問題集を併用しましょう。

完璧になるまでの反復学習基準

 
3~5回程度
個人差はありますが,比較的分量は少なめで難易度も易しめなので数回反復すれば,問題に対する正答ができるレベルまでは仕上げられるでしょう。(2)で紹介した参考書と併用すれば,より効率の良い学習ができます。また,次の(4)で紹介する問題集も合わせてこなせれば,私大入試にも対応できる力が十分につくでしょう。

(4)同時に使いたい問題集

本書『時代と流れで~…』は基本的には効率的なインプットを目指した教材なので,同時にアウトプット用の問題集を一冊仕上げる必要があります。使うべき問題集はレベル別で変わりますが,全てのレベルで絶対に必要となるのは過去問です。センター試験対策であれば『センター試験過去問研究 世界史B:教学社』,私大・国公立大二次対策であれば志望校別の『大学入試シリーズ(赤本):教学社』といった定番の過去問収録問題集がオススメです。センター試験でしか世界史を使わない受験生はこれだけで十分ですが,MARCHや関関同立~早慶上智レベルで世界史を使う場合は,上記に加えて『実力をつける世界史100題 改訂第3版:Z会出版編集部編:Z会』や『世界史B標準問題精講:松永陽子著・斎藤整監修:旺文社』などの難易度の高い問題集も解いておきたいところです。これらはオリジナル問題や大学の過去問を中心に世界史のほとんどの範囲を良質かつ難易度の高い問題でカバーしていますので,丁寧にこなしていけばかなりの実力がつくはずです。

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です(メールアドレスが公開されることはありません)また、コメントは管理人が承認してから公開されます。

内容をご確認の上、送信してください。

53 − = 47

あわせて読みたい

大学受験テラス

大学受験テラス
大学受験テラス
Page Top