2017 04/18
参考書ペディア 

よくわかる地理のトリセツと勉強法

地理のオススメ参考書:『よくわかる地理:学研教育出版編:Gakken』

目次

(1)独学可能度★★★☆☆

インプット型
『よくわかる地理』は高校の授業の理解の促進から入試対策までを一挙に兼ねた総合参考書です。鮮やかな図表やグラフ,地図などを織り交ぜつつ,詳しい解説で高校地理の内容をくまなく網羅しています。基礎基本の教科書内容はもちろん,ハイレベルな内容まで扱っていますので難関私大・国公立大二次試験対策としても活用できます。ただ内容が詳しい分,分量が400ページを超え相当多いので,一人でペースを配分しながら独学していくのは簡単ではありませんので注意が必要です。

(2)相性の良い参考書は『瀬川聡のセンター試験地理B超重要問題の解き方(系統地理編・地誌編):瀬川聡著:KADOKAWA』

レベル★~★★★
オススメ度★★★★
偏差値45~55
センター試験レベル
『よくわかる地理』には各編の末に「センター試験対策問題」が付いていますがその量は十分ではありませんので,理解したことを実際に問題にどう生かすかという実戦的な側面が不十分です。その点を補うということでは,『超重要問題の解き方』や『センター試験に出る順 地理B:塚原洋子著:KADOKAWA』などの演習形式をとった参考書との相性が良いと言えます。逆にそれ以外の知識網羅型の参考書は不要です。本書が十分にその役割を果たしてくれますので,それ以上に増やすと明らかな教材過剰になりますので注意して下さい。

(3)参考書,問題集の特徴

教科書では扱いきれない内容まで幅広く掲載しているという,その「守備範囲の広さ」が最大の特徴だと言えます。そのうち,特に地誌分野については歴史的側面にまで踏み込んだ説明があるなど,他の参考書と比べて充実している印象です。フルカラーになっていますので図表やグラフ,地図なども大変見やすく,読図ポイントも適宜挙げられているため,教科書では「?」となりがちな部分でも本書を読めばかなり理解しやすいです。
本書の趣旨が「高等学校学習指導要領にもとづく」ということなので,実際に扱っている内容は教科書に準拠しており,高校の授業や定期テスト対策としても使えますし,教科書内容を超えたハイレベルなものまで扱っていますので,センター試験~難関私大・国公立大対策にまで活用できます。ただそれほど内容が充実していることから,合計で400ページ以上あるため,試験の直前期に取りかかることはオススメできません。使う際には必ず計画的な学習を心がけて下さい。
使い方…本書を一から丸暗記するというのは時間コスト的にあまりオススメできません。ベストな使い方は本書を「辞書として使う」ということです。(2)で挙げたアウトプット併用型の参考書や(4)で紹介する問題集を軸として学習を進め,その復習をしたり,そこで出てきた疑問点を解消するために利用するというのが最も効率的です。
 

完璧になるまでの反復学習基準

 
10回以上
分量が分量なので,この一冊を「完璧」にするというのはほぼ無理ですし,入試対策上あまり効率が良いやり方とは言えません。本書を完璧にするというよりは,次に紹介する本書とセットで使って欲しい問題集を完璧にすることを一つの目安と考えて下さい。

(4)同時に使いたい問題集

同時に使いたいのは『よくわかる地理問題集:学研教育出版編:Gakken』です。これはセットで使うことを意図して作っているため,相互補完性がかなり高いです。センター試験から有名私大の過去問まで幅広く収録してあるため,学校の定期テスト対策から二次対策にまで十分対応できます。解説も詳しく,選択肢一つ一つについての正解・不正解の根拠をしっかりと書いています。
ここまで紹介してきた「よくわかる」シリーズを使う受験生はおそらく地理を二次試験でも使うケースが多いと思いますので,ここでは+αの地理問題集も紹介しておきます。特に難関私大を想定している受験生は『地理B標準問題精講:赤松輝夫・斎藤績著:旺文社』や『実力をつける地理100題 改訂第3版:Z会出版編集部編:Z会』がオススメです。難関私大の過去問にオリジナル問題も含め,良質で難易度の高い問題が相当量収録されていますので,一冊やり込めばかなり実力がつきます。それに加えて,やはり二次試験対策として定番の『大学入試シリーズ(赤本):教学社』を自分の志望校分だけやっておくと良いでしょう。出題傾向や難易度,対策まで掲載されてある二次試験対策の必携書です。それに加えてさらにやり込むのであれば,全国の有名大学の問題を収録した『全国大学入試問題正解:旺文社』を使うのもアリです。ただし,量もかなり多いですし,基本的に解説がついていないので独学するのは簡単ではありませんので注意して下さい。
その他,論述対策まで必要な受験生は『地理B論述問題が面白いほど解ける本:宇野仙著:中経出版』などの論述問題の専用問題集をこなすようにしましょう。

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です(メールアドレスが公開されることはありません)また、コメントは管理人が承認してから公開されます。

内容をご確認の上、送信してください。

+ 34 = 35

あわせて読みたい

Page Top