大学入学共通テストのスコアを上げる勉強の進め方【英語リーディング編】その1

Spread the love

大学入学共通テストのスコアを上げる勉強の進め方【英語リーディング編】その1

共通テストまであと約3か月半ですね。

国公立大学志望の方も、私立大学志望の方も、現在の大学受験制度において、「大学入学共通テストでいかにハイスコアを獲得してくるか」が志望校への合否を左右します。国公立大学志望の場合は、2次試験を如何に有利に進められるか、そもそも出願したい国公立大学のボーダーに届くかどうか、私立大学志望の場合は、共通テスト利用入試などで滑り止めを確保できるか、第1志望の対策に集中できるかどうか、など、大学入学共通テストが大きなウエイトを占めています。

そんな大学入学共通テストの中でも、ほぼ全ての受験生が立ち向かうことになるのが、【英語リーディング】です。大学受験において、この【英語リーディング】の出来が、自分の運命を決めると言っても過言ではないと思います。【英語リーディング】には、どの受験生もしっかりと時間を使って対策をしてきます。もし、英語で差をつけられてしまうと、ライバルたちとの差を他の科目でカバーすることはなかなか難しくなってしまいます。

旧センター試験の【英語リーディング】では、発音・アクセント問題や、文法問題なども出題されていましたが、現行の大学入学共通テストの【英語リーディング】は様々な長さの英文を読解する内容で出題がされています。英文の難易度としては、様々な種類がある英語外部試験がそれぞれどのぐらいのレベルなのかをまとめた一覧表であるCEFR(セファール)で考えるとA2〜B2レベルの間ぐらいの難易度だと思います。CEFRは6段階(A1、A2、B1、B2、C1、C2)に分かれており、最も高いレベルがC2で、最も低いレベルがA1になります。大学入学共通テストの【英語リーディング】の英文自体は、英検で言えば、準2級から2級レベルの難易度の問題が大部分を占めているといったイメージです。しかし、この難易度とは別の難しさがあるのが大学入学共通テストの【英語リーディング】です。

いま、この記事にたどり着いてくれたみなさまは、「共通テストの英語をなんとかしたい!」と考えていて、情報収拾をしているみなさんだと思います。また、たまたまこのページをみつけてくれたみなさんもいると思います。そんなみなさんの為に、複数回に渡って、『大学入学共通テストのスコアを上げる勉強の進め方【英語リーディング編】』としてまとめていきたいと思います。以下の目次の流れで、ご説明していきます。きっと新たな発見があると思います!

 

 

 

目次

 

① 大学入学共通テストの【英語リーディング】を知る

まずは、テストがどういうものなのか、「体感」しましょう。

② 大学入学共通テストの【英語リーディング】で大事なことは?

みなさんが勘違いしてしまっているかもしれない点について確認します。

③ 大学入学共通テストの【英語リーディング】で得点を取るために必要な3要素

得点を取るために必要な3要素についてご説明します。

④ 大学入学共通テストの【英語リーディング】の勉強方法

得点を取るために必要な3要素の具体的な勉強方法についてご説明します。

それでは、ひとつひとつ、みていきましょう。

大学入学共通テストの【英語リーディング】を知る

共通テストの【英語リーディング】を知るために効果的な方法は、できるだけ早く、最新の過去問を解いてみることです。「百聞は一見に如かず」です。ただ、最新の過去問を解くときに、その「やり方」が重要です。以下の流れを参考にしてください。

1 制限時間の80分をしっかり測って解く。

2 80分で解いた時の答えを記録しておき、時間無制限で解く。

3 80分で解いた時、無制限で解いた時のそれぞれの点数を出す。(解説はみない)

4 なぜその選択肢が○なのか×なのか、根拠を考える。(解説はみない)

5 どうしてもわからないものは辞書などで調べる。(解説はみない)

6 ○か×かの根拠が全て判明したら、解説をみて、考え方が合っているか確認する

7 まとめ

上記の1〜6の流れで、まずは実際にやってみることで、大学入学共通テストの【英語リーディング】を文字通り、体感することができます。この手順でやるのは理由があります。その理由について説明していきます。

1 制限時間の80分をしっかり測って解く。

大学入学共通テストの【英語リーディング】は、とにかく時間との戦いになります。2021年度入試では、全体で約5,500ワードでしたが、2022年度入試では全体で約6,000ワードとなり、約5,00ワード、全体量が増えてしまっています。今後も、変更はあると思いますが、大体5,500〜6,000ワードを、たった80分間でなんとかしないといけないというのが、大学入学共通テストの【英語リーディング】の難しいところです。この制限時間の厳しさを体感するために、最初は80分をしっかり測って、「どれくらい時間が足りないのか?」ということを肌で感じ、覚えておきましょう。そして、現状で、どの部分までは解けたのか、「現在地」も把握しておきましょう。

2 80分で解いた時の答えを記録しておき、時間無制限で解く。

80分の制限時間をしっかり測って解いたら、どこまで解くことができたのかが、あとから見返してわかるように、印やチェックをつけておきます。印かチェックをつけたら、次は時間無制限で、これまで解いた部分や、まだ解けていない部分を全てやります。この時間無制限でやる際に、これまで解いた部分で、「もうちょっとじっくり考えたかったな」と感じた問題もあったかと思います。そういう問題に取り組んで、80分の制限時間でやった時に選んだ選択肢から変更したい場合は、変更したことがあとでわかるように変更前と変更後の選択肢を記録しておきます。

3 80分で解いた時、無制限で解いた時のそれぞれの点数を出す。(解説はみない)

ここまでの手順で、手元には、「80分の制限時間で解いたもの」と「時間無制限で解いたもの」という2パターンの答案を用意することができました。次に、それぞれの点数を計算します。ここでとても重要なことがあります。それは「答案に○と×だけをつけて、解説はみない」ということです。ここで解説をみてしまうと、過去問をつかって対策を進める時の効果が下がってしまいます。単純に、○と×だけをつけて、点数を計算しましょう。すると、「80分の制限時間で解いたもの」と「時間無制限で解いたもの」という2パターンの点数が準備できます。

「80分の制限時間で解いた点数」と「時間無制限で解いた点数」という2パターンの点数はそれぞれもっている意味が違います。「80分の制限時間で解いた点数」は、先ほども少し触れましたが、実力の「現在地」で、80分という制限時間内で獲得できる点数です。一方、「時間無制限で解いた点数」は、「制限時間」というものがなければ、大学入学共通テストの【英語リーディング】で、今の実力で取れる点数です。よっぽどのことがない限り、「80分の制限時間で解いた点数」よりも「時間無制限で解いた点数」の方が高くなると思います。この2パターンの点数をわざわざ出したことには理由があります。

実際に過去問を解いたり、大学入学共通テスト模試などを受けたりして、テストの内容を振り返ります。するとほとんどの人が「時間が足りなかった」という分析をします。しかし、考えてみてください。「時間が足りなかった」というのは、「結果」であって、「原因」ではありません。「時間が足りない」という結果に終わってしまったその原因を分析しないと、大学入学共通テスト形式では、毎回時間がたりないという結果で終わります。そのために、時間無制限のパターンも用意して、「時間が足りなくなる原因」を探しにいきます。そしてその原因をひとつひとつ改善していくことで、最終的に「制限時間内に解き切って点数をとる」ことができるようになってきます。「80分の制限時間で解いた点数」と「時間無制限で解いた点数」の2パターンを用意したのは、「時間がたりなくなる原因を探すため」という理由です。

 

 すこし長くなってしまったので、今回はここまでにします。1から6までの流れの中の3つ目までこれで終わりました。次回は4から6までの流れを確認していこうと思います。

4 なぜその選択肢が○なのか×なのか、根拠を考える。(解説はみない)

5 どうしてもわからないものは辞書などで調べる。(解説はみない)

6 ○か×かの根拠が全て判明したら、解説をみて、考え方が合っているか確認する

1から3までも重要なのですが、4から6はより重要な部分になります。ぜひ次回の記事も参考にしてください。

偏差値30・40台からのGMARCH・関関同立への逆転合格なら個別指導の大学受験テラスへ(全国オンライン対応)

大学受験テラスから毎年GMARCH・関関同立への逆転合格者が多数出ています。

GMARH志望の方は個別指導の大学受験テラスへご相談ください。(全国オンライン対応しております。)

受験テラスが大学受験に強い6つの理由

大学受験専門個別指導だからできる
志望大学別・学習計画とカリキュラム

1

国公立大、私立大、理系、文系、生徒の能力似合わせて計画を作成し、徹底管理します。

個別授業で教えるだけじゃなく、授業以外の時に何をすればいいか”学習ペース管理”までするので「家で何をしたらいいのか?」「1人で何をしたらいいか、何をいつまでにやらないといけないか」という悩みがなくなります。
志望校別学習プランを生徒の1人1人の現状に合わせて作成し、それに沿って指導。大学受験専門個別指導だからできる、きめ細やかなフォローで1人1人を徹底的にサポートします。
学習計画・志望校別カリキュラムは作っても崩れやすいもの。崩れた時に解決策を提案しサポートします。

特徴1

生徒の個性、科目、特徴に合わせた
ベストな勉強方法を提案

2

大学受験テラスは一人一人にあった勉強方法と参考書選びからしっかりサポートします。

科目、生徒の偏差値によって勉強方法は違います。
大学受験テラスでは勉強方法と参考書選びからしっかりサポートします。
世の中にあるたくさんの参考書からあなたにピッタリな参考書を厳選します。
勉強方法は生徒の現状と志望校を把握した上で決めます。

特徴1

個別授業でわからないところと苦手単元を完全に解決、
自学自習がスムーズに進むように指導します。

3

現状がE判定でも受験テラスが作った計画通りに勉強を進めていけば合格できます

計画は最初に作ったようにはうまく進まないもの。計画通りに進まなくても決めた目標に到着できるように学習カウンセラーがしっかりサポートします。
また、参考書や問題集を読んでもスムーズに自習が進められるように週1苦手なところ中心に個別授業をします。

特徴1

個別カウンセリングで
合格への最短ルートを作ります。

4

授業形式は個別授業のみ!勉強が苦手な人は集団授業、ビデオ講義は 時間の無駄になる可能性が高いので絶対にしません。

個別授業は基本的に1科目週2回(地理、現代社会、得意科目は週1回)①個別授業90〜100分と②学習カウンセリング90分〜110分(勉強法、学習カウンセリング、学習スケジュール調整、理解度確認チェック)
勉強が苦手な人は自学自習(自分で問題を解いたり、暗記をする)をしっかりして個別授業を受けるという流れが最速で成績をの伸ばせる方法だと考えています。
※状況に応じて個別授業のみのお申し込みもできます。

特徴1

強制自習で一人で勉強できない子も
自習ができる習慣を身につけます。

5

自習がどれだけ出来たかが合格のカギ

試験の合否はどれだけ授業を講義を受けたかではなく”自分で勉強した時間と質”が大きく影響します。やり方を間違えずにしっかり自習をすれば偏差値は必ず上がります。
大学受験テラスでは学習ペース、自習時間(授業以外は何を勉強したらいいか)まで徹底管理し、生徒が逆転合格できる環境を作っています。
大学受験テラスには逆転合格する環境があります。

特徴1

大学受験テラスだからできる充実の大学別過去問対策講座

5

大学・学部別徹底的な傾向分析

参考書、問題集だけ解いても、模試や入試形式などの初見の問題はなかなか解けません。(特に数学、物理、化学)
早い段階で志望校の過去問とその類似問題を解いて試験形式に慣れる練習をします。
1つの大学に対してたくさんの予想問題を用意しています。
初めて見た問題でも制限時間内に確実に解き切る力をつけます。

特徴1

大学受験テラス式PDCAサイクル 生徒、志望校別学習計画プランの作り方

START!

まず過去問からやる!偏差値が低くても高くても、最初に志望大学の過去問を解くことから始まります。赤本、過去問は合格のためのヒントが1冊の本に書かれています。過去問の結果が今後の効率的な学習計画を作るための材料の1つになります。

PLAN

現状を把握した上で志望校合格までの道のりを学習計画を逆算方式で立てます。(基礎ができていない場合は中学レベルからスタートすることもあります。)

DO

担当講師が学習計画にそって個別指導で学習を進めていきます。 強制自習でアウトプット力をつけ週1回の小テスト・参考書昇格テスト合格へ向けて頑張っていきましょう。

CHECK

小テストと参考書昇格テストでチェックします。 また、テストを定期的に実施することにより、アウトプット力を強化させ、限られた時間内に問題を解き切る力もつけていきます。

ACTION

小テストと参考書昇格テストの結果をもとに、学習計画を修正します。

大学受験テラス式PDCAサイクル

志望校は遠慮せずに言ってください。学習計画にそって課題を確実にこなしていけば、現状がE判定でも十分合格は狙えます。
勉強方法の改善、参考書、問題集の使い方、過去問対策をするタイミングなどをしっかり理解すれば、偏差値40台前後からでも難関大学合格への合格は可能です。
ただし、逆転合格を狙うなら、普通に予備校へ通って、普通に講義を受けて、普通に勉強していては時間がかかりすぎます。
自分の目標に向かって一人で参考書をドンドン読み・解き進めていく必要があります。分からないところや苦手単元は適切なタイミングで個別授業でさっさと解決して先に進みましょう。質が高い自習+個別授業が最速・スピーディです。

大学受験テラスの個別指導システム 授業と自学自習の比率は1:9〜2:8

E判定からの逆転合格を目指す大学受験テラスの学習サイクル

大学受験に精通した講師陣による個別指導

大学受験テラスの個別指導は、苦手単元を中心とした授業・解説だけでなく、宿題チェック、現段階での課題を発見し生徒へフィードバックします。

 個別指導で学んだ知識の定着化
自学自習で見つけた問題点を個別指導で解決 

多彩なアウトプット勉強法で本番で解き切る力を強化します。

1
自学自習を徹底させ、個別授業を受ける流れ

受験テラスは授業は全て個別です。
ライブ講義、集団授業をたくさん受けても時間が無駄な時があります。特に時間が限られている受験生にはお勧めしません。
自学自習を徹底させ、分からないところを個別授業で指導します。
絶対にライブ講義、ビデオ講義はやりません!
授業は個別に絞った方が成果が出やすいです。

2
短期的目標に向けて勉強を進めていく

受験テラスの授業は1科目週2回、短期的目標を作り(小テスト、参考書昇格テスト)、参考書昇格テストに向けて、緊張感を持って自学自習を進め勉強の質を上げます。
ただ勉強を進めていくのではなく、次の小テスト・参考書昇格テストに合格するために勉強を進めていきます。

3
過去問から始まり過去問で終わる

大学受験テラスは、各受験生のレベルの参考書、問題集からスタートし、合格レベルまで進めていきますが、志望校の過去問、その類似問題に最初から受験日まで定期的に解いていきます。
過去問とその類似問題に定期的に触れていく事は受験まで残り時間と自分に足りないものを感じれるので緊張感を持って日々勉強に取り組めます。

全国オンラインはこちら石橋校・夙川校へのお問い合わせはこちら

大学受験相談

相談

大学受験のことでお悩みなら
大学受験テラス(旧未来塾)に是非ご相談ください。


「受験勉強、何から始めたらいいの?」
「入試対策、わかりやすい先生に個別指導してほしい!」
「今通っている学習塾・予備校でなかなか成績が上がらない」
「そもそも勉強方法がわからない、自分で計画が立てられない」
こんなみなさんにこそ、ぜひ来てもらいたい予備校です。

私たち大学受験テラスは
E判定からたくさんの逆転合格者を輩出してきた
大学受験専門の個別指導型の予備校です。

その秘訣は、「質の高い授業と徹底した学習管理の両立」です。
大学受験テラスにしかない強みがあります。

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です(メールアドレスが公開されることはありません)また、コメントは管理人が承認してから公開されます。

内容をご確認の上、送信してください。

2 + 8 =

あわせて読みたい

Page Top